腕時計は利き手の反対側に着けるってホント!?利き手に付ける人もいるんじゃない?

f:id:Apankun:20190713114427j:plain

皆さんこんにちは!

まさおです。

 

腕時計はファッションの一部でもあり、毎日身に着けているものです。

私は腕時計をどちらの腕につけようか迷ったことがあります。

その悩みを解決すべく、この記事を書くことにしました。

 

 

 先日書いた記事はこちらです。

 

 

 

 

あなたは利き手の反対に付ける?それとも......

腕時計についてですが、やはり利き手の反対側に着けるのが主流だそうです。

貴方はどっち派ですか?

私は利き手の反対側に付けます。

 

 

腕時計を利き手の反対側に付ける理由

(他のサイト様のをお借りしています。)

腕時計を利き手と反対側の腕に着けることは習慣化されていると言っていいでしょう。

そのため、なぜ利き手と違うほうの腕に着けるのか、その理由について考えたことのある人は意外と少ないかもしれません。

実際のところ、腕時計を着ける位置に決まりはなく、右手でも左手でも、好きなほうに着けて問題はありません。

ただし、利き手側に着けると、手首の可動域や自由度が制限されて、日常生活の邪魔になる可能性があります。

そのため、自然と利き手の反対側に着けるのが一般的になったとされています。

また、利き手と逆の腕に着けたほうが、腕時計のリューズを巻きやすいという理由もあります。
つまり、利き手の反対側に着けるほうが実用性があり合理的だというわけです。

ただし、着ける位置はあくまで個人の自由なので、利き手に着けたからといってマナー違反になることはありません。

 

今回お借りしたサイト様の記事です。

magazine.knot-designs.com

 

どちらに付けるかで意味が変わる!?

率直に言いますが、どちらに付けようが全く意味はないようです。

ですが、個人的な意見では

・つけやすい

・作業をするときに邪魔にならない

・いつもの癖

このような理由があります。

 

 

 

モチベーションup!

腕時計をどちらに付けるにしろ、何かを身に着けるということはやる気を起こさせたり、それを身に着けているだけで勇気が出てくるなど、腕時計をつけることはモチベーションupにもつながります。

 

 

まとめ

結果的には腕時計のつける腕はどちらでもよく、基本的には利き手の反対側に付ける人のほうが多いというだけです。

よって、腕時計は左右どちらに着けても間違いでは無いということを知っておいてくれれば良いかなと思います。

 

 

 高画質な画像も投稿しています。