リールよりも竿のほうが重要なわけ(理由)とは?【自由な意見を書きます】


f:id:Apankun:20190721201608j:image

皆さんこんにちは!

 

まさおです。

 

釣り好きの方は一度は疑問に思ったことがあると思いますが、「竿よりもリール」という人や、「リールよりも竿」が重要という人がいます。

 

正直、どちらが正しいかなんてわかりませんが、私個人の意見ではリールよりも竿のほうが重要だと思っています。

 

 

その理由を話していこうと思っています。

 

 

 

 

 

リールよりも竿のほうが重要なわけ

 

おそらくですが、リールよりも竿のほうが重要という方は少ないんじゃないかなと思っています。

 

でも、リールと竿、どっちが重要?と聞かれたら迷いなく竿が重要と答えます。

その理由としては、

 

  • キャストするときにガイドに糸がもつれる

 

これは私の経験上ですが、遠くに飛ばしたい時に力強く竿のしなりを生かして飛ばすんですけど、その時にガイドに糸が絡まって全く釣りにならなかったことを覚えています。

 

よく「竿だけでも釣りはできるが、リールだけじゃ釣りはできない」ということを聞きませんか?


これは昔から言われていることです。


だって、昔の人たちは竹に糸をつけて釣りをしてたじゃないですか!


そういう理由も踏まえて私は竿を重視します。

 

 

 

 

 

リールを重視する気持ちも分かる


現代のリールって良いものからおもちゃみたいなものまであって、差がすごいですよね。

 

確かにリールが1000円ほどのものだったら正直使いづらいです。ですがリールは何万円もするような高級リールを買う必要はないと思っています。


リールは値段が高いほど性能が良く、軽いのでとても使いやすいです。

 

でも、現代のリールはどんどん進化していって1万円以下のリールでも十分使いやすいリールがたくさん販売されています。

 

 

 

 

 


リールは7000円位がベスト


リールはやはり、「安すぎず、高すぎず」です。安すぎるのはやめておいたほうがいいです。

かといって高いリールを買う必要もありません。


リールは手入れ次第では何年間も使えるので高いリールを買うってのも有りかもしれませんが、ベストなのは7000円くらいです。

 

 


ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 レブロス 2506H-DH (2500サイズ)

 

 


ダイワ(DAIWA) リール レガリス LT2500S-XH

 

 

 


シマノ リール 17 セドナ C3000

 

 

 
竿は1万円から2万円がベスト


竿に関してはリールより少し高額なものを購入することをお勧めします。


竿は使い方次第では1年も持たないという方もいますが、普通の使い方をしていれば2~3年は使えると思います。

 

 

 


ダイワ(DAIWA) エギングロッド スピニング エメラルダス 86M・V エギング 釣り竿

 

 

 


シマノ(SHIMANO) 18 セフィア BB S86M

 

 

 

 

 

一番いいのはどちらにもお金をかける


これは当たり前のことですが、両方にお金をかけることができれば最強です。


釣り好きのマニアなんかは10万円を超える竿やリールを使っていることも珍しくありません。

 

 

 


シマノ(SHIMANO) リール スピニングリール 18 ステラ C2500SXG

 

 

 


ダイワ 18 EXIST (イグジスト) LT2500S-DH

 

 

 


ダイワ(DAIWA) エギングロッド スピニング エメラルダス ストイスト AGS 84M エギング 釣り竿

 

 

 


シマノ(SHIMANO) エギングロッド 17 セフィア CI4+ S806ML

 


最後に


これだけは守ってほしいことがあります。


それは、釣りをして家に帰った時には必ず竿とリールは水で洗って手入れをしてください。


ちなみにリールはドラグを締めっ切って洗うようにしましょう。

 

結果、竿を重視するというのが私の意見ですが、釣りは自由にするのもです。


必ずしも竿を重視しろ!というのではなく、皆さんがやりたいようにするのが一番だと思っています。


なので、私もこの記事で自由な意見を書かせていただきました。
釣り、楽しんでください。