寝坊してしまう方必見!絶対に寝坊しない習慣4選

皆さんこんにちは!

まさおです。

今回は、よく寝坊してしまう人のために、寝坊をしない習慣を紹介したいと思います。

f:id:Apankun:20190929222422j:plain

1、温かいお湯につかってから寝る

人間の体は、体温が上がると、眠気が来ます。

たまに、お風呂につかっているときに寝てしまっておぼれそうになった!といった経験はありませんか?

私は何度かあります。

お風呂のお湯を飲んでしまったことだってあります。(笑)

お風呂で体を温めたら、すぐに布団の中に入ってください。

そうすると、気づいたころには朝になっています。

 

2、頭の中で三回時刻を叩き込む。

嘘のような話かもしれませんが、この話は本当です。

起きたい時刻を頭の中で三回繰り返すだけで、その決まった時刻に起きることができます。

私は、毎日それをやっています。

アラームが無くたって、その時刻に起きるんです。

きっと、脳に言い聞かせることで、それが本当になるってやつですね。

どうしても不安な方は、アラームを設定しておくといいでしょう。

チャレンジャーな方は、アラームをせずに就寝してみてください。

 

3、カーテンを開けておく

ほとんどの家庭では、夜になるとカーテンを閉めて、朝にカーテンを開けます。

日の出とともにおきたいよって方は、カーテンを開けたまま就寝してみてください。

人は周りが明るくなると勝手に目が覚めるものです。

初めは眩しいかもしれませんが、これも習慣ですので慣れれば徐々に眩しさを感じなくなるでしょう。

 

4、2度寝は絶対にNG

眠たいからといって、二度寝をしてしまうと絶対寝坊することは目に見えてますからね。

それに、もし起きれたとしても体全体がだらしくて最悪の一日になること間違いなしです。

目が覚めたらすぐに起き上がるように心がけましょう。