IT系の職業は給料が高い!?それって本当?【グローバル社会を生き抜く】

皆さんこんにちは!

最近私は、IT系の職業って本当に給料高いのかな?と思って調べてみました。

皆さんの中ではIT企業はお金持ち、という印象がありませんか?

このグローバル社会で生き抜くにはやはり、IT系の職で働いたほうがいいのでしょうか?それを今回は考えていきます。

 

 

 

そもそもIT系の職業は何処までがITなのか?

IT系の代表的な職業を言うと、

  • プログラマー(エンジニア)
  • ITコンサルタント(コンサルタント系)
  • 開発・技術研究
  • マネジメント

大きく分けて4つの分類に分かれます。

IT企業はネットを通じてサービスを提供することで、現代ではIT以外の職業でもネットを通じて商品の販売やサービスの提供を行っています。

これってIT企業の業種に入るのかな?と疑問に思ったこともありました。

あくまで私の解釈ですが、もはや今現在でコンピュータを利用していない企業はいないんじゃないかと思っています。

そういってみると、全部IT企業じゃね?みたいな考えも出てきました。

 

エンジニアの平均年収

エンジニアの平均年収は500~600万円といわれています。ですがこれはあくまで平均ですので、世の中には年収1000万円を超える人だって少なくありません。ですが、エンジニアは技術を問われるのでそれ相当の腕がないとエンジニアでお金持ちになるのは難しいかなと思います。

 

ITコンサルタントの平均年収

ITコンサルタントの平均年収は550~650万円といわれています。エンジニアと比べると少し高めの数値になっています。ITコンサルタントは非常に給料のいい職業で有名です。サイトを観覧していると[ITコンサルタントは年収1000万を超える?]みたいな記事をよく見かけますが、おそらく事実だと思います。

 

もっと詳しく知りたい方はこのサイトで観覧できます。

nensyu-labo.com

 

 

まとめ

このような感じでIT企業の職業は他と比べると給料が高いと言えます。

また、給料だけでなく、このグローバル社会を生き抜くためにはやはりIT系に就職するか、ITビジネスを勧めます。