masablog

好きなことだけをして生きてます。

キリンの首はどうして長い?

キリンはどうして首が長くなった?

 

 

 

 

キリンは世界で一番背の高い動物といわれています。

 

大昔、キリンの祖先は今ほど背が高くなく、森に住んでいたそうです。

 

その後、キリンは草原へと住処を広げていったのですが、そうなると、背が高いほうが、草原に隠れている敵を見つけやすくなります。それに、ほかの動物がとどかないような高い木の葉も食べることができます。

 

 

このように、キリンの首が長いのは、背が高いほうが、生きていくのに便利だったからではないかと考えられているそうです。

 

 

 

 

キリンの形態

角先端までの高さオス4.7 - 5.3メートル、メス3.9 - 4.5メートル[4]。体重オス800 - 1,930キログラム、メス550 - 1,180キログラム[4]。体色は橙褐色や赤褐色・黒と、淡黄色からなる斑紋が入り、この斑紋は個体変異がある[4]。種小名camelopardalisは、「ヒョウ模様のラクダ」の意[3]。ローマ時代からの古い言葉である[5][6]。
犬歯は2 - 3又に分かれ、枝から葉だけをしごくのに適している[3][4]。長さ約45センチメートルに達する舌を持ち、柔軟性のある唇も合わせて木の枝にある棘を避けながら採食を行うことができる[3][4]。オス、メスともに頭に5本の皮膚におおわれた角がある。多くの哺乳類と同様に頸椎の数は7個であるが、それぞれが大型かつ長い[3][4]。頭部と長い頸部は発達した筋肉と靭帯で支えられ、肩が隆起する[3][4]。第4・第5胸椎の棘突起は発達し、頸部を支える筋肉の付着部になっている[4]。血管には弾力性があり、頭部を下げた際の急な血圧の変化にも対応することができる[4]。頸部の静脈には弁がついており、血液が逆流することを防いでいる[4]。視覚は特に優れているが、嗅覚・聴覚も発達している[4]。
心臓から脳までの高低差は約2mある。脳まで血流を押し上げる為、動物の中で最も高い血圧を有し脚が鬱血しないように、皮膚が硬質化している。
キリン科に属するキリンとオカピの後頭部には「ワンダーネット(奇驚網)」と呼ばれる網目状の毛細血管が張り巡らされている。この「ワンダーネット」が急激な血圧の変化を吸収するため、急に頭を上げ下げをしても、立ちくらみをすることがない。
頭部の骨化はオスで顕著で、頭骨の重量がメス(4.5キログラム)の約3倍の15キログラムに達することもある[4]。

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/キリン